2007年07月16日

7月16日(祝)

起きた時間も見ずにパソコンのメールチェックをしていたら地震がきました
すぐに秒針のある時計を確認してから家族に声をかけながらキッチンへ行って火の元を確認

テレビを付けると新潟で大きな地震があったと報道していました
しばらく見てから気がつくと家族は全員でかけていました

ずいぶん前に覚えたことは最初の揺れを感じたらすぐに秒針つきの時計を見て1分以内に最初のよりも大きな地震がきたらすぐに避難の準備に入ることということです
1分を過ぎてからのものは最初のよりも小さい余震だそうです

台風に続いて地震がきた
『天災は忘れたころにやってくる』という言葉をもう一度肝に命じておく必要がありますね


スクールでは午後からホールで専門家による筋出力アップの講習があり二階では専門学校の体験授業が実施されました
両方にいってご挨拶をしました

体験者が次女の部活のコーチでお互いにびっくりしました
こういうのもご縁ですね

空の口
P7160001.JPG







台風一過でカラッと晴れるかと思ったけど雲が多いなあ・・


お隣の柿がかなり風で落ちた
P7160003.JPG







毎年この柿の色が我が家の夏から秋への目印です



明日は火曜日クラスの見学日です
整然とした授業をお見せします
すごく落ち着いて指示を聞けるようになったので進度が早まりました
いいことです


最後になりましたが被災地のみなさまのご無事をお祈りいたします






posted by ひげまさ at 15:30 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。