2007年12月30日

追加

で、お昼に女房が作ってくれたラーメンを食べてから出発・・
視線を感じて振り向くと茶ーくん犬がじっと見ていたので助手(何の?)として連れて行くことに決定
PB220002.JPG







甲州街道の近くまでは次女が乗っていたのでなんとかなったが二人?きりになるとこれが大変ダッシュ(走り出すさま)
車のいろいろなところに前足をかけるからスイッチが入る・・
今日はオーディオとロックボタンとハザートね
夏にはシートヒーターをONにされてひどい目にあったパンチ

仕方がないのでリードの長さを調整して前にこられないようにして問題は解決です

やはり今日あたりになると都内の幹線道路はがら空きでスイスイと走れました手(チョキ)
いつもの石屋さんでお花とお線香を買っておじいちゃんのお墓へトコトコ・・
そこで悩んだのがどこに茶ーくんをつないでおくか・・うーん・・
見ると背中合わせになっているよそ様のお墓に手ごろな木があったのでその枝を借りました

お墓に水をかけるたびに茶ーくんにもかかる・・プルプル
よーし、きれいになったぞとお菓子とお酒を供えてから茶ーくんのリードを持って手を合わせる
茶ーくんは初めてのお墓参りだったから何かするかなと思っていたらものすごくいい子でじっと待っていた

ご褒美におじいちゃんに供えたクッキーを一個もらってあげた・・
お散歩のときはどこにでもオシッコをかけるのにお墓や杭にはまったくかけなかったのにはビックリしたな
やはり何かいつもとは違うのが分かったのかもしれない
また今度連れていってあげよう


なんかテレビは特番だらけだけどあんまり面白いのがないなあ・・
本を読もう・・

そうそう、モリタさんから鹿児島のさつま揚げをいただいたので食べてみたらエラク美味しかった
2日の新年会に出して弟子にも食べさせてあげよう






posted by ひげまさ at 23:36 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月30日(日)

昨夜は寝つきが悪かったみたい・・
うとうとして目覚めて本を読む・・を何度か繰り返していた
でも、いつの間にか沈没眠い(睡眠)

で、起きたら8時だった
すぐに天気予報をチェック
晴れよっしゃ〜!
昨日の予報では西の風が強く波が2mだったけど風が弱まって波は1mになってる
ゆうしげ丸の11時便に乗れるぞ!

釣り仕度をサクサクしながら家族に
『今から釣りに行ってもいーかなー・・たらーっ(汗)
『いいよー』

何枚も着重ねをして準備完了です
ん?ちょっと待てよ
生シラスは先に電話をしておかないと全部釜揚げになるんだったぞひらめき
で、電話電話
「こんにちは、11時便に行くけど生シラスをとって置いてね」
「残念だねー 早出の船も沖が大荒れで帰ってきちゃったよ」
「・・・・・・・・・・・・・どんっ(衝撃)

今、釣りに行く格好をしてブログを書いています


さてさて手垢のついていないここからの時間をどう過ごすかが問題だぞ
絶対にしてはいけないのはブランチのビール
車(セダン)に乗れなくなるしそのまま飲み続けることも十分にありえる
女房は朝から大車輪の活躍だからそのお手伝いでもしようかなあ・・
で、一応きいてみた
『なんか手伝うことある?』
『大丈夫よ』

長女はどこかにお出かけをするらしく顔面左官屋さんキスマークの真っ最中・・・
次女は冬季講習とやらで塾へ行くという・・
(受験じゃない補講だからお友達とのグループ勉強が楽しいらしい)
『お父さんが送っていくよ』
『ありがと』
よし!私のお役目ができた
塾の場所をきいたら通っている学校から奥まったところなので甲州街道の近くだと判明
よし!おじいちゃんのお墓参りにも行っちゃお!
う〜ん・・いよいよ年末らしくなってきたぞ

でも出発が12時なのでとりあえずいい気分(温泉)に入ろう・・
(我が家の唯一の自慢はお風呂が二個とトイレが三個ね・・だから渋滞がない)
大好きな白菜のお漬物がなくても我慢できるけど入浴剤がないとモチベーションが劇下がりになる・・・
丁度缶に入っていたのは使い切ったところだったからなかったらどうしよう・・・
ありました手(チョキ)・・小袋に入った別府の湯

泡風呂にも凝っていたときもあってそれに入りながら小説を読むと自分がダーク ピットかフィリップ マーロウになったような気分になる・・
これがたまらなくいい

ただいまあ・・
あー気持ちよかったあるんるん

さて今からブランチです
食べたら出発ね
また後ほど・・・





posted by ひげまさ at 11:05 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。