2008年03月03日

3月3日(桃の節句)

今日はひな祭り・・
娘たちが小さいときにキンダーで制作したおひなさまが今年もピアノの上にいっぱい並んでいます
折々の行事にいろいろなことを思い出すのは年をとったからでしょうか・・・

昔、駿河の国に白隠禅師というエライお坊さんがいました
この方の残した次の句は私の大きな指針です

指し当たる事のみを思えかし 帰らぬ昔 知らぬ行末

うん、その通りですね

反歌です
(白陰禅師さま、拙くてごめんなさい)

行末のことのみ気負うて身を削り 差し当たりこそ触れる間もなし


今、しなければならないことが一番大切で昔を思い返してもなんにもならないし将来のことは誰にもわかりませんよ
という意味です(多分ね)

そんなことは百も承知なのに先行きのことばかりに頭が行っていて目の前にあるとても大事なことが疎かになっている、という自虐的な反歌です












posted by ひげまさ at 18:19 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。