2009年10月05日

このくらいの台風です

Yahoo参照しました

台風18号
アジア名 Melor(メーロー)
位置 北緯18度50分
東経135度30分
大きさ ---
強さ 猛烈
中心気圧 910hPa
最大風速 中心付近で55m/s
進行方向 西北西
速度 30km/h
暴風半径 中心から190km
強風半径 中心から北東560km
中心から南西390km


強さの表現で「猛烈」ってのは初めて見ました・・どんっ(衝撃)

とりあえずお知らせまでね・・
またね



posted by ひげまさ at 14:56 | 東京 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当たり年

みなさまこんにちは霧曇り

旬の食べ物の当たり年ってのは嬉しいけど台風は堪忍してほしいよね・・ダッシュ(走り出すさま)
17号は完全にそれたけどとんでもないデカさの18号が来ていますがく〜(落胆した顔)
足が速いから日本列島に近づくと勢力は弱まるとは思うけどこの勢力は半端じゃないですよ・・
大陸の方には申し訳ないけど九州の西を通り過ぎてくれないかな・・


朝日の社説で鞆の浦判決について書いてあります
この埋め立て中止の理由が自然破壊ではなく「景観利益」を損ねるというところに興味を持ちました
江戸時代から続く町並みや海岸の景勝を考えるとなるほどと思えるところもあります
スクールの平崎総務の故郷は鹿児島県の長島という島でブリの養殖では日本一らしいです
その平崎と昨日話したときに故郷の景観のことが話題になりました
彼が若いころは橋がなくて全部船で行き来していたそうです
橋がかかってからはすごく便利になって町の人は喜んだとも言っていました・・
でも山の上から見た景観は昔の美しさと比べ物にならないとのことです
残念そうな顔をしていました・・

鞆の浦の景観をネットやテレビで見ると本当にきれいですがその土地の方々にどのような不自由があるのかは私たちには分かりません

利便性と景観は両極端にあるものなのかな?

住民利益と景観利益の問題はこれからもたくさん出てくると思いますがなんとか融合(すり合わせ、妥協案)できないものでしょうか・・



スクールのお隣のオーヌキさんちのヒマラヤ杉が剪定されてこんなツンツンになっちゃいました・・
PA040008.JPG








かなり生い茂っていたからすごく空が広く感じます・・
でも切り倒されなくてよかったグッド(上向き矢印)

おかげさまで公園の前からよくスクールが見えるようになりました
PA030002.JPG








またねわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

posted by ひげまさ at 14:32 | 東京 ☔ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。