2010年03月16日

おまけ

私の交友関係はかなり幅広いのですが翻訳を仕事にしている方はいません・・
大学の先生で学術書を訳している方はいますが小説などの翻訳家はみあたらない・・

日本語独特の言い回しや慣用句が外国文学に出てくると原書はどんな書き方をしているんだろ?っていつも考えちゃいます・・

昨夜読んだ本ところに「その席に座っている女性はけっして高価なものを身につけてはいないがそこはかとなく気品が漂っていた」って書いてあった・・
「そこはかとなく」を英語でなんて言うんだろ?

言葉だけじゃなく文化も違うんだから100%ぴったりの言い回しはないと思う・・
訳者の感性がかなり影響しているんだろうね・・

逆(日本文学→英訳)を知りたいと思ってちょいと調べてみたらこんなのがあった・・

THE TRAIN came out of the long tunnel into the snow country. The earth lay white under the night sky. 

多くの人がそらんじている雪国の出だしね。

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。

川端せんせ〜・・これでいいのですか〜

まあ、お互いに原書は無理がありそうだから自国の訳で楽しみましょうね・・わーい(嬉しい顔)



さっきのブログでタングラムのことを書いたらjunちゃんから「分かった〜?」のメールがきた・・
ってことはサクサクと出来ちゃったのかなあ・・

で、正直にお返事・・

「答えを見ちゃいました・・たらーっ(汗)


またね手(チョキ)



posted by ひげまさ at 13:49 | 東京 🌁 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月16日(火)

みなさまこんにちは晴れ・・ポカポカ・・
Yシャツ、ネクタイ、薄手のジャケットでちょうどいい気候です・・

朝の低年齢体操クラスに来た子供たちのファッションもいろいろでした・・
ダウンジャケットのモコモコもいたしコットンの七分丈もいた・・
これだけ目まぐるしく気温が上下するとママたちも悩むのでしょうね・・


今日はイレギュラーな予定が入っているので慌てずにいこうと思ってネクタイは亀にしました・・
DSC00315.JPG







ゆったりといきましょう・・

タングラムのことを先日書きましたがすごく悩んだ問題があったのでよかったらやってみてください

これが元です
tangram01[1].gif






で、下の二個のアイロンのうちライトみたいなのが付いている方がどうしても出来ない・・・
q104[1].gif







q105[1].gif







ふつーに考えたらぜったいに同じ形にはならないよなあ・・
ってこの考えがいけないのだろうね・・
もっと思考を柔軟にしなくちゃ・・・

でもわかんね・・・ダッシュ(走り出すさま)

a_dog-thumbnail2[2].gifまたね手(チョキ)
posted by ひげまさ at 11:40 | 東京 🌁 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。