2013年02月11日

やったね!

弟子のリクトとカリンがフェンシング カデワールドカップ ヨーロッパサーキット(ずい分長い・・たらーっ(汗))で頑張りました・・・

二人ともこのイタリア ピサの大会で踏ん張ると4月の世界選手権に出場の大チャンス!!
特にリクトはこれが最終ポイントレース・・

じゃ〜ん!
日本人最上位の3位でした・・・
これでほとんど世界選手権に出場が決定・・るんるん
コーチのドラが撮ってくれたんだって・・
リクト3位.jpg

で、一日遅れの女子でカリンは5位・・
ここでしっかりとポイントを稼いだから選考レースは2位になった・・
日本代表は3人だけど月末の最終選考会は余計なことを考えずに平常心で戦って欲しい・・
二人とも出られたら最高だな・・・


私は弟子と周囲の人々に恵まれています・・
多謝深謝・・・



posted by ひげまさ at 19:00 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月11日(祝)

みなさまこんにちは・・・晴れ・・

今日は子どもの発育と発達についてあらためて考えていました・・・
この領域を勉強したのはずい分昔になる・・

もちろん理論付けての考察ではありません・・
人間のみならず、生きとし生けるものは程度に個体差はあるけれどもすべt発育します・・・
子どもにおいては乳児期から幼児期まで親が手塩にかけてよりよい発育を導いています・・

這えば立て、立てば歩めの親心・・・先人が言うことはたいしたものですね・・

もちろん、その後も発育は続きますがそこそこの年齢になると親がよりよい発育を望んでいても中々そのとおりにはいかなくなります・・・
食の好き嫌いや規則正しい生活なんてその典型ですね・・

ここでふと思った・・・
人はいつまで発育を続けるんだろ・・
終生かなあ・・・

乳児検診ならばお医者さまが「順調な発育ですね・・」なんていいそうだけど80才のおばあちゃんには言わないよね・・・

ま、いっか・・

で、発達の方は「達」の字がつくくらいだから「到達」「達成」「達観」のようにあるコト(身体機能や事象)が成長していくことを意味している・・

トレーニングで筋肉が発達する・・・よくある・・
発達した低気圧が・・・よく聞く・・
ウチの子は悪知恵ばかり発達して・・・よく言われた・・

ということは、子どもが発育していく段階で親は我が子のなにが発達しているのかをきちんと理解しなければならないってことですね・・・
でも、肉体的な発達は気づきやすいけれども心の発達は見えにくいのが問題・・・

で、私の結論としては健やかな成長のためには「よりよい発育を見守り、健全な発達を促す」ってことになりました・・・・



四の五の書きましたが、これをずっと船の上で考えていました・・・

ま、それだけ時間があったということです・・

釣りのことは書きたくない・・

画像を載せておきます・・

朝日
DSC00216.JPG

サバムラ
DSC00244.JPG

またね・・わーい(嬉しい顔)手(チョキ)





posted by ひげまさ at 16:55 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。