2008年11月08日

フェンシング

今日もフェンシングの体験に来た方がいらっしゃいました
前に見学だけした方で年長児の息子とパパが体験をしました
(基本的には小1からだけど受験が終わったらOKにしています。待たせたらかわいそうだもんね)

息子Aくんは少年部を楽しんでいたのでよかったね
父Kさんのレッスンは私がしました
ずっと野球プレイヤーだったのできっと体力には自信があったのでしょうが最後の試合練習を4分間やったらヒコヒコいっていました

事前にも言いました
これって体力の問題ではなくアドレナリンが体内を駆け巡るので味わったことのない興奮状態になるからだよ・・・・
って話をしているときのKさんの心の内は
『ハイハイ、でもね、あたしゃそんじょそこらの親父とは鍛え方が違うもんね・・」
だったのかもしれません
でもさ、やってみたら私がビンゴるんるん
終わったあとの顔は最高でしたよ

今までに出会ったことのないあの興奮と緊張は本人にしか理解できないから今日のことを忘れないでね


で、最近のフェンシングスクールはいっぱい人が来てくれます
きっと根底は太田効果なんでしょうね

フミノ、アヤ、レーコが久しぶりに顔を揃えました
みんなそれぞれの道を手探りで歩いている状態なのでフェンシングはやっていません
まあ、みんなソコソコの大人になっていました・・・
高校の教員、小学校の教員、旅人って3人それぞれの生き方だけど不思議なことにスクールで揃うと何の違和感もなく溶け込んでいました
こういうのが少年部の良さなんだよね


少年部のレッスン中にうれしいことがありました
Mの父が他の子どもを本気で叱ってくれたのです
少年部の親はみんな私のイズムを理解してくれているので本当に感謝しています
子どもたちを我が子と同様に接し叱りとばすなんてすごく有難いことです
こうやってみんなが少年部を支えてくれているんだと実感しました

本当に私は弟子とその家族に愛されています
ありがとう

さて、もう一杯だけ飲んで寝るかな
またね




posted by ひげまさ at 23:19 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。