2009年02月02日

携帯電話

文科省が小中学生は学校へ携帯を持って行ってはいけません!とのお達しを出したけど家庭できちんと教えれば済むのではないかな・・

どう考えても小中学生が学校にいる間に携帯電話を必要とする状況なんて考えられないよね
親との連絡をしなければならないときは公衆電話を使えばいいしそれを使うことによって次に待っている人への気配りも生まれると思う・・

今日の日経とサンケイでこのことが書いてあったけどナブラチロワの記者会見でのコメントがよかった・・
試合中に鳴った客の呼び出し音について「そんなにお忙しいのならば来ていただかなくて結構」と言ったら拍手喝采だったそうだ・・・


子どもたちに対してはじめにルールありきではなくそれ以前にマナーとモラルが求められることを誰かがおしえなければなりません
でもね、昔から親の背を見て子は育つ・・っていうからなあ・・
う〜ん・・・みんなで考えましょうね

またね



posted by ひげまさ at 12:54 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。