2009年03月03日

自動車産業と雪

日本経済が自動車産業によって大きく発展してきたことは誰も異存のないところですがその巨大産業の落ち込みはあらゆるところに深刻な余波を投げかけています

自動車一台に使われている部品が1万から3万個だって初めてしりました
今日の読売の社説でびっくりしたのは日本の就業者数の約8%約500万人が自動車関連の仕事に従事しているということです
私は多くても200万人くらいかなと思っていました
でも、考えてみれば自動車会社のラインでは組み立てだけが行われてそこに持ってくる部品はすべて外注なのですよね
これは大変なことです

自動車産業に元気が戻ってくれることを切に願っています



雪予報を聞いて心配になってきた・・
明日の明け方まで降るようなことを言ってる
スクールの前の坂道は車が登れなくて立ち往生してしまいます
何人かのスタッフが後ろから、それ〜っっと押すのですがかなり大変です
子どもたちが転んだら危ないので雪かきもしなくちゃ・・
積もらないで欲しいなあ・・

明日の茶ーくんのお散歩はどうしようかなあ・・
とりあえず起きてから考えよう

またね




posted by ひげまさ at 20:27 | 東京 🌁 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。