2009年03月05日

お金の功罪

さっそく配られた定額給付金を手にしたお年寄りが「使い方はこれから家内とよく相談します」ってうれしそうに話をしている姿をニュースでみました
そっかー・・自治体レベルで配布の時期や方法が決まるんだったよね
決まったものを四の五のいってもしょもないので政府の考えているような消費の拡大につながることを願っています
世田谷区はどうするんだろ?

今日の朝日の社説タイトルに「西松事件」とある
ロッキード事件、佐川急便事件と同じように政界全体をゆさぶり後世まで汚点をさらすことになるのか?
政治資金規制法はイヤミじゃなくて政治家が一番最初に覚える法律ではないかと思う
政治家の党首はもとより派閥の領袖ともなればその維持にかかるお金は大変なものだとは想像するに難くないがその調達方法は絶対に公正でなければならない
野球や相撲で贔屓する球団や力士がいるように特定の政党や政治家を支持することは当然のことであるが持ちつ持たれつのズブズブの関係が初めにありきだから便宜供与が生まれるのです

きれいごとを並べるつもりはないけれども清貧に甘んじている政治家もきっといると思うからこの手の問題が起こると妙に頭にくる

もう寝ちゃおっと・・
おやすみなさい眠い(睡眠)

また明日ね




posted by ひげまさ at 23:10 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。