2009年03月09日

部活

949(しばらくはここに数字が来ますが気にしないでくださいね)
 
 公立中学校(都内)の部活動が指導者不足でどんどん休部や廃部になっているとは聞いたことがあったけど200校もあるとは知りませんでした

東京都は他県にさきがけて教育人材バンク制度を進めているとのことですが適任者を探すのは至難だと思います
常識的に考えて部活動の時間はほとんどの就労者は仕事をしているし主婦も夕方の忙しいときです
一回こっきりならばお手伝いすることもやぶさかではないけれども週に何日かの部活動と休日の試合や発表会などの引率を考えると片手間にできることではありません

この問題は顧問=指導者という図式をなんとかしないと解決できないと思います

私がずいぶん前から不思議におもうのは都立高校にフェンシング部が一つもありません
これは私が高校生のころからずっとです
東京以外は公立高校でもたくさんのフェンシング部が昔から活動していて多くの優秀な選手がでています
何人か都立でやっていた選手もいますが全員個人的に先生にお願いして個人登録を認めてもらって試合にでていました

都立校だけフェンシング経験のある先生がまったくいないとは考えられないんだよね・・・

前述の中学校の問題とはちょっと違いますが根っこは同じじゃないかなと思います

華道部、茶道部、パソコン部で救急車騒ぎになることはほとんど考えられないけど運動部だといろいろなアクシデントがあるんじゃないかという先入観が先生方にないとは言えないと思う・・・

有り余るエネルギーを持った中学生に思う存分発散させてあげたいです
現場の先生方のご苦労を知らないで勝手に書いていますが中学生の子どもを持つ親として気になったので書かせていただきました


違うお話ね
大手の広告代理店が定額給付金の使い方についてアンケート調査をした結果を見ました

じゃかじゃーん演劇
第1位 とりあえず貯金する(本当に困ったときに使う)

あのさー、政府の考え方はモノを買ったり旅行にいったり美味しいものを食べたりしてどんどん使ってくださいね〜・・ってことだったんでしょ
引き出しにしまいこむ人がいっぱいいたら不況脱出のきっかけにはならないよ

我が家は1万2千円が3人で2万円が一人です
その2万円の対象者にきいてみたひらめき

「今度ね国からお金がもらえるんだけどさ、欲しい?」
「ふ〜ん・・で、いくら?」
「お父さんたちは1万2千円だけどキミは2万円・・」
「いるいるいるいるいるるんるん
「このお金は貯金しないで使ってくださいね〜ってことなんだけど・・」
「使う使う使う使う使うハートたち(複数ハート)

この手の人ばっかりだったらきっと景気にいい刺激になると思った・・ダッシュ(走り出すさま)
みなさまはどうしますか?

ありゃ?世田谷区っていつくれるんだろ?

このばら撒き政策は大反対だとブログで何度も書いた私が受け取っちゃうと
「さもしい」とか「節操がない」とか言われちゃうかなあ・・たらーっ(汗)

またね








posted by ひげまさ at 16:21 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。