2009年06月01日

GMの終焉

みなさまおはようございます雨曇り

今朝、茶ーくん犬のお散歩にいったときは雨が降っていなかったけど出勤しようとしたらパラパラと落ちてきた・・
なんか一日中はっきりしないお天気になりそうですねダッシュ(走り出すさま)

今夜アメリカのマーケットが開くまでにGMが破産申請をすることが確実になったとのニュースを見ました
強いアメリカ、強いドル、世界のリーダーを自認してきたアメリカが長いことその象徴としてきた自動車産業のコアが幕を閉じます
デトロイト市民だけではなくアメリカ国民は強いショックを受けていることでしょう

高校生の頃に見た映画(たぶんギャング映画だったと思う)の一場面を思い出しました

白人の子ども「うちの父ちゃんはGMのラインでキャディを作ってんだぜ」
黒人の子ども「すっげーなあ・・」

自国ではなくカナダ政府の支援のもとに再生されるのですから屈辱を感じている人々も多いと思います
シティバンクとGMで思いっきり二発ぶん殴られたようなものですからね・・
でも、面子を傷つけられて黙っている国民性とは思えないのできっと国をあげて再生努力をすることでしょう・・・
オバマさんがどんな声明を出すのかすごく興味があります

でも政権維持と政権奪取だけに奔走している日本の政はもっと危うい局面にあるのではないでしょうか?
年金問題や行政改革はどこへいったのでしょう?
赤字国債発行でその場しのぎをしても国民にはバレもとですから抜本的な財源確保を明確にしないとおとなしい国民も爆発しますね

GMの破綻を他山の石とするのは企業だけではありません
国政を担う人たちこそ肝に銘じて欲しいと思います


朝から妙な書き込みになってしまいました

さあ、今日から6月だ!
頑張っちゃうもんね
またねわーい(嬉しい顔)手(チョキ)





posted by ひげまさ at 09:48 | 東京 ☁ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。