2009年09月22日

フラフラしながらおまけです

足は小さく 背は高く
青春短かく 眉長く
靴屋と服屋の見本が通る

って小熊秀雄は銀座のうら若き女性を詩に書いたんだよね・・
(題名も忘れたけど頭に烙印されたように残っています)

最初にこの詩を読んだときはなんも思わなかったけど今の自由が丘は「靴屋と服屋の見本が通る」だけじゃないよね・・
パーマ屋さん、バッグ屋さんが黙っちゃいない・・

でもさ、ちょっと斜に構えた若者が当代を皮肉っているのは気持ちがいいね・・

あ〜・・美味しかったあ・・・
ほどよく脂のついたワラサを刺身とシャブシャブでいただいてハラスや中骨をオーブンでこんがり焼きね・・

たまらんなあ・・

でもさすがに強いお酒は飲めない・・・ビールビールビールで終了・・演劇

さあ小熊の続きを読んじゃうもんね・・るんるん
またねわーい(嬉しい顔)手(チョキ)



posted by ひげまさ at 21:14 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。