2010年03月14日

ターニングポイント

卓球の福原選手が早稲田大学を退学してプロに専念しますってのはちょいと前に伝えられました・・
現役でやっているスポーツを職業としている方をプロというならば宣言プロもありですが福原選手の場合は幼いころからマスコミに取り上げられていたので「いつの間にか半プロ」だったのではないでしょうか

彼女がどこの大学に行くのか?卓球に興味のない一般人も去就を見ていたと思います・・
そっか〜・・早稲田か・・頑張って欲しいと思ったんじゃないかな・

今回の判断は半端な気持ちじゃないことは重々理解できるつもりですが鳴り物入りを考えると「もったいない」ではなく「それでいいんかよ?」って思いました・・

特定の学校を応援するつもりは毛頭ありませんが福原選手が入学(入部)するにあたってセレクションからはずれた同じ学年の方がいるはずです・・

自分の道を究める・・ってのはすごくカッコいいけどさ、もうちょっとスパンを長く考えることって出来なかったのかな?

両立は出来ません!ってよくきくよね
今、両立が出来なくても人生ってけっこう長いんだよ
ずいぶん前に改正になって大学はずっと籍を置けるようになっているんだよね・・

世界を相手にして自分を試し勝負することは美しいです
でも、せっかく大学という学ぶ環境を得たのを捨てることは愚かだと私は思います・・

あなたのようなその世界で幼少のころから活躍していた方が何かを選択するときに周囲の大人がどれくらい動いたのか・・それをきちんと受け止めなければなりません

福原選手の実績や彼女にかける多くの方の期待をないがしろにしているのではありません
私は福原選手のファンでしたので思うところを書き込んでしまいました


私の大嫌いなズルズルのプロ選手のようにはなって欲しくないのです・・
(私は自分が棺おけに入るまで嫌いです)

福原選手が中国のプロリーグで大活躍して私たちが週末のテレビ中継に釘付けになることを祈っています

(この件とは別にして卓球のプロリーグ中継が日本で見られるようになるとは思えないけどね)

また言い訳だけど卓球というスポーツを軽んじているわけではありません・・
私は大学一年のときに会話ができた当時の卓球世界チャンピオンだった先輩は今も尊敬しています・・・

またね手(グー)








posted by ひげまさ at 22:39 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。