2010年08月07日

温度差

また広島のことになっちゃうけどさ・・

エノラ・ゲイ(広島に原爆を落とした飛行機の愛称)の機長の息子さんが今日の広島の式典に駐日大使が出席したことに不快感を表した・・って報道があった・・

この機長は自分の判断で投下のスイッチを押したのではなく指揮系統下でのものです・・
後日談として米大統領が「早くこの戦争を終わらせたかった」とあるのは有名ですが機長の息子が言うその言葉は私には釈然としません・・

犠牲者数が今日も約5千人が加えられて発表になりましたが被爆者と認定されずに亡くなった方の数は私たちの想像を超えていると思います・・


一言も発せずに座っていた駐日大使の様子をみて「日本に謝罪したように見える」とか「罪を認めたみたいだ」とか言ってる問題じゃないでしょ・・

65年前のことの是非を問うのではなくこんなバカげた殺戮兵器を二度と使わないようにしましょう、ということを地球に暮らしている人たちみんなでもう一度考える日なのです・・


アメリカのメディアがどのような接触をその方にしたのかは分かりませんが当時の指揮系統に従って実行した機長の行動は任務なのです・・
ヒーローでもなければ大罪人でもありません・・

その息子さんは多分私と同年輩じゃないでしょうか・・
もう少しだけ高見にたって考えてみて欲しいと思います・・



って、またまたややこしいことを書いちゃった・・

私はこの前「十五少年漂流記」を読み返しました・・
多分10回目くらいだと思います・・
(気持ちが疲れると読みたくなる・・)

ブリアン、ゴードン、ドノバンの3者の位置づけとそれを取り巻く少年たち、またモーコーの立場・・これって地勢図そのものですよね・・

しばらく読んでいない方はもう一度ぜひ読んでみてください・・
ブックオフで105円に並んでいます・・

おやすみなさい・・眠い(睡眠)




posted by ひげまさ at 00:13 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。