2012年03月01日

お酒のこと・・

お酒の分類と酒税がどんどん変わっていって日本酒の特級酒なんてのは死語になっちゃってからずいぶん経つ・・・

第三のビールなんてのはお酒を飲まない人にしたら????だね・・

私は若いころに、いつかサントリーオールドを自分でお店にキープできるようになりたい!って思っていたものです・・
ダルマはそのころの若いモンにとっては超高級酒だったからね・・


で、お次はバーボンが日本で市民権を得たころのことね・・
赤いロウソクが垂れたみたいなキャップのバーボンを見たときは愕然としました・・
『う〜ん・・あれがメーカーズ何とかってのか・・・飲んでみたい』・・
って思ったなあ



でも色んなお酒を楽しんでいるけど休肝日を作るのが未だに難しい・・

日々頭を悩ませている私にとってお酒は人生でとても大切なものです・・


お酒を飲めない年令のころに私の父が『ママが2時間かけて作ったお料理を2時間かけて食べなければ失礼だろ!』って言って毎晩いろいろなお酒を飲んでいたのが強烈でした・・・
そのころの私はその親父の前で分厚いお肉があれば三合のご飯を20分くらいで一気に食べていたからね・・

でも、加減はともかくとしてお酒を楽しめるのはすごくいいことだと思ったな・・・

ある日、登山家の三浦先生と碑文谷病院の先代の院長先生と親父が私の家で飲み始めた・・
敬称略・・

三浦『バーボンってのはこうやって飲む! うりゃ〜』・・って西部劇のバーみたいに喉に叩き込む・・
院長『こうですか・・うりゃ〜!』
親父『いやいや、こうですよ、うりゃ〜!』

最後にはとんでもないことになってた・・たらーっ(汗)

でも、愛すべき酒飲みって思ったな・・


若くして逝去された高円宮さまがレッスンの後、必ず私の家でお食事をしてビールをお飲みになっていました・・・
バドがKing of Beerって思ったいたからずっとバドを出していたらある日・・
『ホントは私はキリンのラガーが好きなんです・・』っておっしゃった・・

当然それから冷蔵庫にはラガーを6本入れてたっけ・・
なつかしいです・・



今、私の弟子でお酒を飲むヤツに共通しているのは山崎のトワイスアップです・・
これは美味しい・・

イギリスの小説で午後4時を過ぎたくらいの場面でよくでてくる
『何か飲みますか?』
『では、ウイスキーに水を少々・・』とか
『ウイスキーに氷をひとかけら・・』ってのがそれです・・

自由が丘でトワイスアップを流行らせたのは私かもしれない・・って自負がある・・
もちろん私のお酒の師匠の村上先生がいたからだけどね・・


幼児教室が入口のブログでお酒はまずいかもしれないけど私の日常を発信するブログなので堪忍してくださいね・・・

何かを撮ろうとすると入ってくるヤツがいる・・
下半身だけね・・
チエコ土産・・
DSC00601.JPG

明日は尊敬する先輩が発表するモノを観にいってきます・・
おやすみなさい・・・










posted by ひげまさ at 22:47 | 東京 ☀ | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。